特殊割引乗車券の発売条件


1.被救護者割引
1-1.被救護者本人
   鉄道の指定した施設から救護又は保護を受ける者が旅行する場合で所定の割引証を差し出した時に普通旅客運賃の割引をする。
1-2.被救護者付添人
   被救護者が老幼、虚弱のため又は逃亡のおそれがあるため鉄道に於いて、これに付添人を必要と認める時その付添人に対しても
   普通旅客運賃の割引をする。

2.身体障害者割引
2-1.身体障害者とは身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項に規定する身体障害者手帳の交付を受けている者で、   次の各号のいずれかに該当するものをいう。
   @視覚に障害がある者
   A聴覚又は平衡機能に障害がある者
   B音声機能、言語機能又はそしゃく機能に障害がある者
   C肢体不自由者
   D心臓、腎臓、呼吸器、膀胱、直腸、小腸又はヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能に障害がある者。

2-2.前項の身体障害者を、次に掲げる第1種身体障害者及び第2種身体障害者に分ける。
    「第1種身体障害者」とは、次に掲げる者及び障害度がこれより重い者いう。
   @両眼の視力がそれぞれ0.06以下の者
   A両眼の視野がそれぞれ10度以内で且つ両眼による視野について視能率による損失率が90パ−セント以上の者
   B両耳の聴力が耳介に近接しなければ、大声語を理解し得ない者
   C両上肢を中手指関節以上で又は両下肢をショパ−関節以上で失った者
   D両上肢又は両下肢の機能を著しく障害された者
   F心臓、腎臓、呼吸器、小腸又はヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能の障害により、社会での日常生活活動が著しく制限される者
   G膀胱又は直腸の機能障害により、家庭内での日常生活活動著しく制限される者
   H@からGの障害の種類を2以上有し、その障害の総合の程度がイからチに準ずる者
     「第2種身体障害者」とは、前号以外の者をいう。

2-3.身体障害者本人
   身体障害者が単独で旅行する場合、乗車区間が当社線と連絡社線を通じて片道101キロメ−トル以上で、身体障害者手帳を差し
   出したときは、普通旅客の割引をする。

2-4.身体障害者及びその介護者
   身体障害者が、第1種身体障害者又は、定期乗車券を使用する12才未満の第2種身体障害者であるときは、身体障害者1人に対して
   1人の介護者を付けることができ、所定の割引証を差し出したときは身体障害者及びその介護者に対し、普通(12才未満の第2種身体
   障害者を除く)・定期・普通回数(12才未満の第2種身体障害者を除く)各旅客運賃の割引をする。この場合の介護者は鉄道係員が
   介護能力があると認められた者であって、その請求する乗車券の種類、乗車区間、有効期間が身体障害者の乗車券と同一かつ同時に
   購入する場合に限る。
   身体障害者に対し、通学定期乗車券を発売する場合であっても介護者に対して発売する定期乗車券は、通勤定期乗車券に限るものと
   する。又、小児定期乗車券に対しては旅客運賃の割引をしない。

3.知的障害者割引
3-1.知的障害者
3-1-1.知的障害者とは、療育手帳制度要綱(昭和48年9月27日厚生省発児第156号厚生事務次官通知)に規定する療育手帳の交付を
    受けている者とする。
3-1-2.前3-1-1の知的障害者を、次に掲げる第1種知的障害者及び第2種知的障害者に分ける。
    (1)「第1種知的障害者」とは、次に掲げる者及びこれよりも重度の者をいう
      @知能指数がおおむね35以下の者であって、日常生活において常時介護 を要する程度の者。
     (注)日常生活に於いて常時介護を要する程度のものとは、次のいずれかに該当するものであることとされている。
      ・日常生活における基本的動作(食事、排泄、入浴、洗面、脱着衣等) が困難であって、個別的指導及び介助を必要とする者。
      ・失禁、異食、興奮、多寡動その他の問題行為を有し、常時注意と指導を必要とする者。
      A肢体不自由、盲、聾唖等の障害を有し、知能指数がおおむね50以下の者であって日常生活に於いて常時介護を要する程度の
       もの。
       (注)知能指数が50以下とされている肢体不自由、盲、聾唖等の障害 を有する者の身体障害者の程度は身体障害者福祉法に
       基づく障害等級が1級,2級又は3級に該当する者とされている。
    (2)「第2種知的障害者」とは、前イ以外の者をいう
3-2.介護者
   (1)知的障害者が、第1種知的障害者及び定期乗車券を使用する12才未満の第2種知的障害者であるときは、知的障害者1人に対し
     て、1人の介護者を付ける事ができる。
   (2)前3-1の介護者は、鉄道係員が介護能力があると認められる者であって、その購入する乗車券の種類、乗車区間及び有効期間が
     知的障害者と同一で、知的障害者の乗車券と同時に購入する者でなければならない。

3-3.割引乗車券の種類
   (1)知的障害者に対して割引の取り扱いをする乗車券の種類は、次のとおりとする。
     @普通乗車券
      第1種知的障害者が単独又は介護者とともに乗車する場合及び第2種知的障害者が単独で乗車する場合に発売する。
     A定期乗車券
      第1種知的障害者及び12才未満の第2種身体障害者が介護者とともに乗車する場合に発売する。
     B回数乗車券
      第1種知的障害者が介護者とともに乗車する場合に発売する
   (2)介護者に対して割引の取り扱いをする乗車券の種類は前イにより知的障害者が介護者とともに乗車する場合に発売する乗車券と
     同一とする。但し、知的障害者に対して通学定期乗車券を発売する場合であっても、介護者に対して発売する定期乗車券は通勤定
     期乗車券に限るものとする。
     (注)介護者が通学定期乗車券の使用資格者であっても介護者に対しては、 通学定期乗車券は発売しない。
   (3)取扱区間
     @知的障害者及び介護者に対して発売する割引乗車券の取扱区間は 当社線及び当社線と連絡社線の各駅相互間とする。
      但し、知的障害者が単独で普通乗車券によって乗車する場合は 当社線と連絡社線を通じて片道101キロメ−トル以上の区間を乗
      車するときに限る

   (4)割引率
     知的障害者及び介護者に対する割引率は、5割とする。但し、小児定期乗車券に対しては、旅客運賃の割引はしない。

特殊割引旅客運賃の計算方法
 特殊割引旅客運賃は所定の普通旅客運賃又は所定の定期旅客運賃、所定の普通回数旅客運賃から次の割引率により計算された割引額 を控除した額をは数計算した額とする。

割引率

被救護者割引  50%
 (身体障害者(介護付きの者)及び介護者割引(但し小児定期旅客運賃は割引の対象としないので除く)
身体障害者(単独用)割引・・・・50% 
知的障害者及び介護者・・・・50%
戦没者遺族割引・・・・50%
周遊割引・・・・10%
 


以上



問い合せ先 小湊鐵道・運輸課  0436-21-6771