笠森観音

おすすめスポット
笠森観音

笠森寺は、784(延暦3)年に最澄上人が楠の霊木で十一面観音菩薩を刻み、山上に安置して開基されたと伝えられる古刹で、通称「笠森観音」とも呼ばれています。「坂東三十三観音札所」の第三十一番札所として、古来より巡礼の霊場となっています。

日本でただひとつ「四方懸造り」

大岩の上に建つ観音堂は、1028(長元元)年に後一条天皇の勅願で建立、六十一本の柱で支えられた四方懸造は国内唯一の建築様式で、国の重要文化財に指定されています。回廊からは房総の山並みを一望できます。周辺の山々は「県立笠森鶴舞自然公園」に指定されており、特に観音山は「国指定天然記念物笠森自然林」として保護されています。遊歩道が整備され、展望台、広場では森林浴も楽しめます。

観音堂
観音堂からの眺め

アクセス

上総牛久駅より小湊鐵道バス「茂原駅」行きで「笠森」下車 徒歩5分

拝観料 大人200円 / 小人100円
拝観時間 4月〜9月:午前8:00〜午後4:30
10月〜3月:午前8:00〜午後4:00

笠森観音公式サイト

もどる

トップへ