保存展示車両

保存展示車両

五井機関区では、かつて活躍したSLや車齢100年を超える貴重な車両を保存しています。SLにつきましては、事前にお申込みいただければ無料で見学ができます。キハ5800形は通常非公開ですが、イベントなどでご見学いただけます。

1号・2号機関車

1号・2号機関車

この2両は、1号、2号機関車で六輪連結十輪タンク機関車(C型タンク車)で、大正13年(1924年)に当社が翌年の開業に向けて、アメリカから輸入したものです。ボールドウイーン機関車会社が1924年に製造した57776号、57777号であり、昭和31年(1956年)まで活躍した機関車です。重量(空車状態)は約30.1トンです。

主要諸元

形式 六輪連結十輪タンク機関車
最大寸法 全長:9,867mm
全幅:2,717mm
全高:3,352mm
運転整備重量 37.93t
最大出力 712馬力
実用最高気圧 11.5kg/cm²
汽筒および衝程 381mm×508mm
制動機の種類 手用および蒸気制動機
連結器の種類 マルコ式自動連結機
火床面積 1,480m²
焔管(径×長さ) 44.5mm×2.744m×152本
伝熱面積 65.40m²
水槽容量 3.785m³
燃料櫃容積 2.785m³

B104機関車

B型機関車

B104は四輪連結十輪タンク機関車(B型機関車)で、イギリスのベイヤーピーコック社が明治27年(1894年)に製造したものを、当時の日本鉄道が輸入し、宇都宮機関区、千葉機関区などで使用していました。昭和21年(1946年)に当社が当時の国鉄から払い下げを受け、昭和25年(1950年)まで使用していました。重量(空車状態)は約36.3トンです。

主要諸元

形式 四輪連結十輪タンク機関車
最大寸法 全長:11,378mm
全幅:2,061mm
全高:3,672mm
運転整備重量 48.43t
最大出力 550馬力
実用最高気圧 12.0kg/cm²
汽筒および衝程 406mm×559mm
制動機の種類 手用および空気制動機
連結器の種類 シャロン自動連結機
火床面積 1,330m²
焔管(径×長さ) 45.0mm×3.229m×152本
伝熱面積 73.0m²
水槽容量 6.530m³
燃料櫃容積 2.2m³

キハ5800形気動車

1号・2号機関車

小湊鉄道キハ5800形式気動車は、昭和35(1960)年に日本国有鉄道から譲り受け、電車から気動車へ改造し、その後平成9(1997)年に廃車されるまで、旅客用車両として使われてきたものです。

小湊鉄道以前には、三信鉄道(飯田線の前身4社のうち、三河川合から天竜峡を運営)を経て、飯田線(愛知県豊橋市の豊橋駅と長野県辰野町辰野駅を結ぶ東海旅客鉄道の路線)で使われてきました。

もとは大正3(1914)年日本車輌で製造され、100年以上の車歴をもつ車両が現存していることは重要です。当時の車両としては、キハ5800の原形「ナニデ6465形式6465号電車」と同年に鉄道院新橋工場で製造された兄弟形式である「ナデ6110形式6141号電車」が鉄道博物館に所蔵されていますが、こちらは国の重要文化財に指定されています。

平成31年3月、気動車台帳、修繕表とともに市原市指定文化財に指定されました。

1号・2号機関車

小湊鐵道キハ5800形 5801主要諸元

最大寸法 全長:16,800mm
全幅:2,740mm
全高:3,793mm
自重 25t
定員 120名
機関種類 DMH17C
機関出力 180馬力
運行開始月 1960年4月
除籍 1997年3月
キハ5800
キハ5800
キハ5800
キハ5800

トップへ