キハ200形車両

キハ200形車両

1961年より導入された小湊鐵道の主力車両

キハ200形外観

キハ200形外観

キハ200形車内

キハ200形車内

日本車輌で14両製造

小湊鐵道キハ200形気動車は、老朽化したそれまでの車両の置き換えのため、1961(昭和36)年から1977(昭和52)年まで16年に渡って14両が新造されました。

旧国鉄キハ20形に準じた設計ですが、デザインや塗装(ファイアーオレンジとモーンアイボリー)は京成電鉄の赤電3100形電車の影響を受けています。1963、64年の夏には、国鉄車両と併結してキハ100形では成しえなかった悲願の県都千葉乗り入れを実現させました。

車内はオールロングシートで、車体中央の排気管によって分かれています。製造当初は非冷房でしたが、現在では209、210を除いて冷房化されました。なお、トイレの設備はありません。

現在、209号車が休車となっていますが、残る13両は全車活躍中です。

小湊鐵道キハ200形 主要諸元

最大寸法 全長:20,000mm
全幅:2,903mm
全高:3,880mm
自重 30t
定員 160名(座席64名)
機関種類 DMH17C
機関出力 132kw
変速機 神鋼造機 TC-2液体式変速機
最高速度 95km/h
台車 動力台車:DT22
付随台車:TR51

各車概要

号機 製造 / 運行開始 備考
キハ201

1961年12月 / 1962年1月

 
キハ202

1961年12月 / 1962年1月

 
キハ203

1963年4月 / 1963年4月

 
キハ204

1963年4月 / 1963年4月

ベンチレーター変更

キハ205

1964年1月 / 1964年4月

 
キハ206

1964年1月 / 1964年4月

 
キハ207

1970年12月 / 1970年12月

以降非プレスドアに

キハ208

1970年12月 / 1970年12月

 
キハ209

1970年12月 / 1970年12月

休車中

キハ210

1970年12月 / 1970年12月

冷房非搭載

キハ211

1975年3月 / 1975年3月

以降ユニットサッシに

キハ212

1975年3月 / 1975年3月

 
キハ213

1977年9月 / 1977年10月

 
キハ214

1977年9月 / 1977年10月

 

トップへ